令和3年こそ、さくらが咲いたら千鳥ヶ淵

オカメザクラも開花

オカメザクラも開花

神保町さくら通りの入口と出口に1対づつあるオカメザクラ(阿亀桜)も開花しました。早咲きの小振りの花です。次に咲くのは、実桜かな。

オカメザクラは、お隣り中央区日本橋のあじさい通り、本銀(ほんしろがね)通り、日銀通りの街路樹として植えられている。
千代田区内では、ここ神保町さくら通りの入口出口に1対づつ計4本と、お茶の水のワテラス南側の淡路公園横の街路樹として5,6本ある。
ソメイヨシノより早く咲き、樹高も低く、枝も横に広がらないので、街路樹として注目されているのでしょうね。

アオサギ

 

河津桜

千鳥ヶ淵緑道の修善寺寒桜

緑道にあった鶯神楽(ウグイスカグラ)とっても地味な花でした。

代官町通りは、欅?を伐採していました。

ソメイヨシノより少し早く咲くヨウコウ(陽光)の蕾も膨らんで来ました。(代官町通り)

花木園の梅ゾーン

清水門を上がった所のサンシュユ(山茱萸)とカンヒザクラ(寒緋桜)(下の写真)