令和3年こそ、さくらが咲いたら千鳥ヶ淵

ソメイヨシノは少しづつ開花

ソメイヨシノは少しづつ開花

ソメイヨシノで、一番咲いているのは、九段坂(牛ヶ淵)の昭和館の横のこの桜。
ここは、一番陽当りが良いようです。

結構、咲いてます。

千鳥ヶ淵緑道の桜は、この程度。まだ、全然 咲いていないでしょ。。。。

咲いている枝だけを写すとこんな感じなので、だまされないでください。

オオシマザクラ(大島桜)は、2分咲程度

大島桜の全体像は、こんな感じ。

↓こちらは、No.74 コヒガンザクラ 8分咲程度ですが、花が小さいので、この程度。
下に咲いているのは、ミツマタ(三椏)

千鳥ヶ淵緑道で、ソメイヨシノが比較的咲いているのは、髪結いの像の近く。(緑道の南西)
後ろのマンション前の赤い花は、テルテモモ(照手桃)

代官町通りに入ると、大島桜、山桜、陽光が咲いています。
↓大島桜

大島桜は、白い大きな花びらが特徴で、緑色の若葉も出ている

↓ヨウコウ(陽光桜:天城吉野とカンヒザクラの交配種、愛知県の教員だった高岡正明が、戦後に、戦地で散った教え子達の冥福を祈るために各地に桜を贈ろうと作った。染井吉野より早く咲く。花は鮮やかなピンク色で大輪。テング巣病や病害虫にも強い)

↓こちらは、ヤマザクラ

陽光桜と工芸館

ヤマザクラとスカイツリー遠望

こちらは、神田須田町の老舗蕎麦屋まつや前のエドヒガンザクラ(江戸彼岸)

おまけ、赤坂サカスの三春の滝桜の子孫樹。九段南3丁目のものと比べ、枝が横に広がっているが、枝垂れの長さは短め。