令和4年こそ、さくらが咲いたら千鳥ヶ淵

染井吉野の狂い咲き 2021.10.30

染井吉野の狂い咲き 2021.10.30

湯島聖堂横の昌平坂の神田川沿いの染井吉野が咲いていました。
メトロ丸の内線のトンネルの上あたり。
9月までは、暑い日が続いてましたが、10月に入り急激に冷え込み、12月並みの寒い日があったり、その後、また暖かくなったりで、桜も春化を勘違いしたのでしょうか。染井吉野は、小笠原のように熱帯気候では、開花しません。一旦冬の寒さを迎えた後、春の暖かさで開花します。この狂い咲きの木は、葉っぱも落ちて、すっかり冬を迎える準備が出来ているところに、この急激な寒さと、それに続く暖かさで、咲いてしまったんでしょうか。

聖橋に日が暮れる。聖橋は、湯島聖堂と、ニコライ堂(復活大聖堂)を結ぶ橋として、聖橋と名付けられました。