令和4年活動終了、また来年も、さくらが咲いたら千鳥ヶ淵

東御苑の御衣黄が2輪だけ開花

東御苑の御衣黄が2輪だけ開花

皇居東御苑の天守台横の御衣黄(ギョイコウ)が、2輪だけ開花しました。来週末頃が見頃でしょうか。
他の八重桜は、ウコンは、まだ開花していませんが、一重咲きの太白と、荒川堤系の千里香が咲いていました。
千鳥ヶ淵緑道は、シャクナゲが綺麗です。

天守台横の御衣黄2輪開花

全体はまだまだ、満開になると緑色になる。

1段上の桜

天守台の南側の芝生周囲が、桜のエリア
太白が咲いていましたが、近づけない様に、ロープが張られていました。コンデジのズームで撮影

太白は、オオシマザクラとヤマザクラの交雑種。一重咲きで大輪。日本生まれで、一時期的に失われていたが、イギリスから逆輸入された。

千里香(荒川堤系の桜、匂いを嗅いでみたいが、ロープがあり近づけないのが残念)

大手門へ下りていく途中の桜

天守台南西のトウゴクミツバツツジ

ハナニラ(スプリング・スターフラワーの名の通り春に咲く星形の花、ニラのような葉を千切るとニラの匂いがする)
(天守台南西の竹のエリアの下に咲いていた)

ボケ

大手門前の枝垂桜(紅枝垂れと八重紅枝垂れがありました)

まないたばしの花筏

千鳥ヶ淵緑道のシャクナゲ

千鳥ヶ淵緑道南西入口(半蔵門駅側)の横のマンションにある枝垂桜

代官町通り南側の桜と菜の花

乾門交番前の大寒桜の下にある西洋石楠花